医院の歴史|JR八王子駅南口から徒歩5分│子安町の歯医者【うきち歯科医院】

0426221427

【電話受付】9:30~12:30 / 14:30~19:30 ※木曜、日祝休診

ネット予約

医院の歴史

History

当院の歴史

初代院長:浮地辰次郎の時代

初代院長:浮地辰次郎

「うきち歯科医院」は、昭和7年初代院長:浮地辰次郎が八王子の寺町で開院したのがはじまりです。
地域に密着した歯科医院として患者さんの診療を行っていたと伝わっています。しかし、昭和の終わり頃、徐々に戦火が拡大するなか、昭和20年の8月1日の夜から2日未明にかけて八王子一帯は大規模な空襲に見舞われました。

八王子は東から西へ甲州街道と北から南へ向かっていく横浜街道の中間地帯。その空襲によりほとんどの家屋が焼け落ち、診療所も例外ではありませんでした。
一家は八王子から新潟の十日町、さらに山の方へ入っていった松代(まつだい)に疎開。その地で終戦を迎え、八王子へと戻った辰次郎は、昭和22年に現在の場所から少し離れた土地に歯科医院を再建したというわけです。そして、区画整理の関係で昭和25年に医院を引っ越して以来、70年ずっと同じ場所で診療を続けています。
現在八王子の南口では一番の歴史を誇る歯科医院です。

二代目院長:浮地文夫の時代

二代目院長:浮地文夫

8畳ほどの平屋で初代院長の浮地辰次郎は一人で診療を続けてきました。そこに大学を卒業してすぐの息子、浮地文夫が診療に加わります。昭和43年には脳出血で倒れた父に代わり、うきち歯科医院の院長を継ぐことになりました。
歯科医院の数も増えていく中、心がけたのは、より患者さんとコミュニケーションできる歯科医師。
「先生と患者」という上下関係ではなく、きちんと悩みを伺い治療内容を説明する歯科医師として治療を行っていきたいという思いがありました。一人一人の背景をもとにした診療を続け、徐々に患者さんの数も増えていきました。

昭和52年、31歳の頃には八南歯科医師会の理事に任命。以来22年間、八南歯科医師会に携わり専務や会長を歴任し、東京都歯科医師会においても国保や社保の審査会など様々な業務を担当しました。休日診療や訪問診療への対応、また、八王子第六小学校の校医も40年近く続け地域医療に貢献して参りました。

三代目院長:浮地賢一郎の就任。これからの展望

三代目院長:浮地賢一郎

現在の院長は三代目の浮地賢一郎です。就任に伴って、アニメーションで治療内容を説明出来る設備を追加しました。前院長の「患者さんとお話しをする」という方針をそのままに、ビジュアル面でのわかりやすさを重視。患者さんに治療のことを理解していただき、納得したうえで治療を決める=インフォームド・コンセントの考えをより推進しています。
また、現院長はオーラルメディシン・口腔外科学講座で有病者の歯科治療を続けてきました。単なる口内炎と思われても重大な口腔粘膜疾患に繋がっていることもあることから、歯科と医科の橋渡しが行えるような診療体制を整えました。病理検査や細胞検査が出来る設備を導入し、疾患の早期発見に努めています。

これからも「家族で一生通っていただけるような歯科医院」を目指し、更なる診療のアップデートを行っていく所存です。

【電話受付】(平日)9:30~12:30 / 14:30~19:30
【電話受付】(土曜)9:00~12:00 / 14:00~17:00
※木曜・日祝の休診日は電話受付をしておりません。

ネット予約

〒192-0904  
東京都八王子市子安町4-21-7

アクセス

診療時間

土曜の診療は午前9:00~12:00、午後14:00~17:00となります。
【休診日】木曜、日祝

pagetop